Clap!Rap!Scrap!!

アクセスカウンタ

zoom RSS バトルアンドロマンスの感想文「Z伝説 〜終わりなき革命〜」

<<   作成日時 : 2011/08/03 22:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ももクロの1stアルバム「バトルアンドロマンス」について、
感想文を書いてみよう。
また書きたくなるようなアルバムなんだわ。

最初はこれ、完全に私見だよ。
「Z伝説 〜終わりなき革命〜」
新参のファンの方には申し訳ないが(という私も大して古くないが・・・)、
この曲は完全にももクロファン用に閉じられた楽曲。
Zになった意味が歌われているが、
その過程が分かることで全く味わいが変わる。

1番は自己紹介になっているが、
2番はブルーを呼び出し、しかも「一人でもひとりぼっちではない」という、
4月10日に脱退した早見あかりさんへ向けたエールになっている。
また、サブリーダーを失ったことに対してZとして立ち上がった、
ももいろクローバーZ自身の決意の曲だ。

だからこそ自分の歌として戦う意思表示をする曲であるし、
だからこそ人に勇気を与えられる曲なのだ。
自らが戦わずして、他人事で人を励ますような安直な曲ではない。
東北へのエールもあるだろう、
でも根っこはももクロ自身がファイティングポーズをとっている曲なのだ。

残念ながら、その背景を共有して曲を聞けるのは、
早見あかり脱退と向き合ったファンだけだろう。
故に、ブレークが時間の問題だったももクロが世に問う曲としては少し残念な曲でもある。

ももクロは、曲が自身の歴史や生き様に直結する、
まるで昭和の演歌歌手のような存在だ。

世間には伝わらないだろうという意味で残念でもあるが、
ファンにとっては最高の楽曲ではなかろうか。
ファンとして共に歩んだ歴史を全て真っ向から肯定して乗り越える、
だからモモクロファンは惹きつけられてならないのだろう。
この格好よさは、早見あかりさん脱退を共有し、
そこから立ち上がってきた過程を見てきたファンだけの宝物なのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バトルアンドロマンスの感想文「Z伝説 〜終わりなき革命〜」 Clap!Rap!Scrap!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる